価値観を刺激し、人生に違いをもたらす男!!

« 2007年05月 | メイン | 2007年07月 »

家族旅行

2007年06月06日

先日、休みを使って家族旅行をしました。

家族といっても、家内と娘ではなく・・・・

両親とです。

3人で。。。。


ちょっと訳があって・・・・


01.jpg

伊豆の温泉につかりに行きました。


母親と夜中の2時頃まで波の音を聴きながら語り合いました。
いい時間でした。
いい想い出になりました。

両親共々喜んでいました。


親父は、メシ食いすぎです。・・・・・(笑)

ついに完成!!

2007年06月07日

待ちに待った、モノが自宅に届きました!

3mmのフルスーツです。
フルオーダーで作りました。

ん〜 やわらかい〜

最近のウエットは、素材が良く、やわらかく、伸縮性がバツグン!

%8E%B3%8E%B4%8E%AF%8E%C4%A5%B9%A1%BC%A5%C4.JPG

海で見かけたら声をかけてくださいね。

GO FOR IT!

本日は移動日

私は、出張が大好きです。

リフレッシュができるからです。


新幹線に乗って、景色を見ながら考え事をするのが大好きです。

脳が活性化されているのか?
リラックスしているのか?わかりませんが・・・・・・

色々なアイディアが浮かんできます。
物事を整理するにもはかどります。

7月8月は、出張が多くなります。

凄く楽しみです!

%CC%BE%B8%C5%B2%B0%B1%D8.JPG
名古屋駅にて

『営業の極意』がとても評判です!

2007年06月10日

つい先日、6月6日に開催いたしました、オープンセミナーの『営業の極意』がとても評判です。

セミナーの後に沢山の方からお礼のメールを頂きました。
ありがとうございました。

また、
参加された人が、周りの人に話してくれたみたいで見知らぬ人からもメールが届きました。

びっくり!

評判だったので、更にブラッシュアップして再び開催することにしました。
9月頃に予定します。

今しばらくお待ちください!


キャリアと挑戦

2007年06月11日

桑田がメジャーに昇格した!

チームと合流するため、ニューヨークへ移動中に、
背番号が 「 18 」 に決定したと聞かされたときに桑田は泣いた。

%B7%AC%C5%C4%C3%CB%B5%E3%A4%AD.JPG


私も感動しました!

キャリア研修の時に必ず話す。桑田の生き方。


キャリアとは・・・・・
資格や経験だけを意味するのではなく、仕事や人生において、社会や組織の一員として自分の能力を発揮し、自分自身の人生を主体的に生きていく、
 「 自分らしい生き方 」 そのものを意味します。


言い方を変えると・・・・
その人のキャリアを見たら、その人の 「 生き方 」 が見える。


まさしく、桑田のメジャー挑戦とメジャー昇格というキャリアは、桑田の 「 生き方 」 そのものです!


「 本当に野球が好きな人は、野球が出来る限界まで挑戦する 」 と桑田。
%B7%AC%C5%C4%A1%A1%B4%E9.JPG
「 諦めないというか、挑戦し続けるということが本当大事だなと思う。 」


桑田の価値観は 「 挑戦 」 である。


是非、メジャーでの活躍を期待したい!!

これは、以前Googleで実施されたアンケート結果です。

スポーツ【アンケート結果】
桑田はメジャーで「活躍できない」
巨人の桑田真澄投手が大リーグ挑戦への思いを明かしました。メジャーに移籍したら活躍できると思う?(実施期間:2006年10月24日〜 2006年10月30日)
%B7%AC%C5%C4%A5%B0%A5%E9%A5%D5.JPG


私は活躍を信じています!
頑張れ桑田!!

俺も、もっと頑張らなくちゃ!!

あなたは、どんなキャリアデザインをしますか?


永遠に生きること

2007年06月13日

昨日、「何のために働くのか」北尾吉孝氏の出版記念講演へ出席してきた。

nannotamenihatarakunoka.jpg


沢山の良い言葉があった。
印象に残った言葉は・・・・・・


『 真に今を生きなければ、永遠に生きることはできない 』


真摯に受け止めた。


私の在り方を正す、一言だった。

『 愛のかたち 』

2007年06月19日

先日、安達塾の上級コースで、 「人を受け容れる」 というテーマで話をしました。

肯定感も否定感もなく、その人をそのまま受け容れる。
同意ではなく共感し、最後まで話を聴く。

「人を受け容れる」 言葉にするのは簡単ですが、これがなかなか難しい。


私は、思います。
自分自身が人に受け容れられた経験がないと、
「人を受け容れる」 ことの意味や大きさがわからない。


私が人に受け容れられたのは、33才の時でした。

当時、私は何億という借金を抱えていて、返せなくなっていて大変な思いをしていました。
この現状を変えたくて、人生も変えたくて、沢山の人に相談にいきました。

しかしながら、最後までまで話を聴いてくれる人はいませんでした。
私が話しをしている途中で、アドバイスや説教が始まります。

「経営者としてそんな考え方だからダメなんだよ〜」
「こうしてみたら?」
「それは考え方がおかしいよ」
「なんでそんな決断したの?」
「そもそも・・・・・・」

こんな感じです。


誰ひとりとして最後まで話を聴いてくれませんでした。

しかし、O社長だけは違いました。

ある方の紹介でお会いさせて頂きまして、相談をしました。

今までの経緯や悩みなど現状を全て話しました。
うなずきながら最後まで話を聴いてくれました。

2時間ぐらいかけて、初めて全てを話せ、最後まで話しを聴いてもらえました。

O社長 : 「いいよ、何でも聴くから、全部話して。もう無い?それで全部?」
私    : 「はい。全て話しました。これで全部です。」
O社長 : 「そうか・・・・安達くん、・・・・・・・・・・大変だったね。」

その、「大変だったね。」の一言を聞いて、

私    : ・・・・・・・・・(号泣)・・・・・・・・・

居酒屋でしたが、子どものように泣きまくりました。
今まで我慢してきたものが、全て溢れ出てきました。
誰にも相談できなかったことも聴いてくれて共感してくれました。

人に受け容れられた瞬間です。

今想うと、その瞬間が復活の始まりだと確信しております。

カウンセラーの神様ことカール・ロジャース博士曰く、
「無条件で相手の気持ちを受け容れられることが人間の心を癒し、整え、自ら問題解決していける強さを引き出す。」 と言っています。

まさしく、その通りだと思います。

私は、この人に受け容れられた瞬間から人生が変わり始めました。

ウツで大変な状態でもありましたが、家内も私を受け容れてくれました。


以前、突然質問されたことがあります。
「安達さんにとって愛ってなんですか?」

私は、何も考えず感じたまま答えました。
「受け容れること。信頼すること。信じること。」


安達塾の受講生に、「受け容れられた経験はありますか?」と質問をしました。
そうしたら、「安達さんとのSBT(砂場の時間)で受け容れられました。」って。

O社長にもらった 「愛」 を伝承しています。
きっと、その受講生の皆さんも伝承するでしょう。

是非、本音で何でも話せ、共感して最後まで話を聴いてくれる人を見つけてください。
きっと、あなたの力や勇気になります。

ですから、あなたも相手の話しを共感し最後まで聴いてあげてくださいね。(笑)


話せる人がいなかったら、安達塾に来てください。
それでは!おやすみなさい。

LOVE.JPG
『 愛は動詞 』

まさに・・・人を受け容れる。 訓練?

2007年06月20日

今年も厚生労働省主催の「高校生就職ガイダンス」が始まった。
スタートは、愛知県のOO高等学校。

この高校は、ワルで有名な高校。
過去に担当された講師は、皆、悲鳴を上げリピートは避けていると聞いている。

そこで、この私に、ご指名でこの仕事が回ってきたというわけだ。


いや〜
噂通りの受講態度である。
具体的な行動は、きりが無いので書かないが、一言でいうと・・・・

檻のない動物園。

笑っちゃうぐらい参りました。

でも、ひとりひとりと話すとみんな素直。
なぜか、集団になると悪くなる。

う〜ん。
色々と思いましたが、やはり、こういう時こそ講師の在り方が問われる。


私が人と接する時のモットーは・・・・

『 愛と信頼を持って、常に相手の可能性を信じて接する 』 

です。


「こいつだめだな」「どうしようもない」「話しにならない」とか・・・・
決して、相手を裁かず、受け容れることです。


適度に叱り、ひとりひとりに語りかける。
頑張るように励ましながら、良いところを見つけて褒めてあげる。
集中力を切らさないように笑いを取りながら・・・・(すべってましたけど・・・笑)

なんとか、最後までまとめました。


いや〜疲れた〜

でも、達成感と満足感。

良い経験となりました。

%CB%FE%C2%AD%B4%B6.JPG
ちょっと満足げな表情。

生きるちからスクール

2007年06月25日

昨日、仙台でセミナーをしてきました!
「自己肯定観(自己概念)」 についてお話しをしてきました。

16時に仙台に到着し、21時半には東京に向けて発っていました。
慌しい時間でしたが、とても楽しく過ごしました。

仙台の皆さんは、とても温かく勉強熱心な人が多いです。
とにかく、人柄が良いです!

%C0%E7%C2%E6%A3%B1.JPG


生きるちからスクールは、仙台を中心に活動している、共に学び共に育つ「真の共育」を目指すコミュニティです。
学校教育の中では学ぶことのできなかった、人生を幸せに、豊かに、生きるために、本当に必要なことを共に学んでいます。

第1回開催時の講師も縁があって私が担当をさせて頂きました。

主催者は、公認会計士の椎木さん。
実に誠実な方です。
多くの方々が信頼を寄せています。


懇談会も参加させていただきました。

%C0%E7%C2%E6%A3%B2.JPG
楽しかったです!
また、呼んでください!

テレビ取材

2007年06月27日

本日、研修に日本テレビの取材が入りました。
以前、TBSが取材した内容と同じ研修です。

研修内容は「ビジネスコミュニケーション」です。

丁度、プレゼンテーション演習の場面でテレビ取材が入って、受講生の緊張はピークに!

そりゃそうですよね。
ただでさい、人前に出て話すのは緊張するのに、テレビカメラの前でプレゼンテーションですよ!
大変な緊張だったと思います。

でも、皆さんは最後まで、立派にやり切りました。
内容も伝え方も素晴らしかったです。

しかし、いい経験ですよね。
テレビカメラの前でプレゼンなんて!

話のネタにもなるし・・・・
度胸も付くし・・・・・・
何よりも、やり切ったことで自信につながりますよね。

是非、今回の経験で自信を付けて欲しいと思います。

第6期GUPの皆様!
ありがとうございました。
皆様のご活躍を期待しております。

%C6%FC%A5%C6%A5%EC.JPG