価値観を刺激し、人生に違いをもたらす男!!

« 2009年04月 | メイン | 2009年06月 »

プチ登場。

2009年05月01日

私の親友の嶋津くんが、またまた本を出しました。

発売から少し時間が経ちましたが、最新版はこの本です。

%C5%E8%C4%C5%A4%CE%CB%DC.JPG
「仕事の筋トレ」 大和書房
〜30歳までは死ぬ気で働け!〜


なぜ紹介するのか?


それは、私がちょっとだけ登場しているからです。
P43とP182です。

立ち読みしないで、買ってあげてね。(笑)

アイバニーズ・デストロイヤー供,修慮紂ΑΑ

2009年05月02日

連休に入り、ギター三昧です。

時間があったので、「ロストボーイズ」に余っているピックアップを持って行きました。
(余っているピックアップとは・・・・・デストロイヤーに付ける予定のウルフギャングについていたピックアップです。ウルフギャングのフロントのピックアップを、フェルナンデスのサスティナーに交換したので・・・・・)
その写真がこれです ↓
%A5%AE%A5%BF%A1%BC%A1%A1%A5%B5%A5%B9%A5%C6%A5%A3%A5%CA%A1%BC.JPG
私のサブちゃんです。(ウルフギャング)

話しを戻し・・・・・
お店に行くと、私のデストロイヤーが、塗装を剥がされこんな姿に・・・・

%A5%C7%A5%B9%A5%C8%A5%ED%A5%A4%A5%E4%A1%BC%A1%A1%CD%E7.JPG
ありゃありゃ・・・裸にされてる・・・・

着々と改造計画が始まっています。

そもそも。このギターはアイアン・メイデンのエイドリアン・スミスに憧れて買いました。
この人です。 
  ↓
%A5%A8%A5%A4%A5%C9%A5%EA%A5%A2%A5%F3.JPG
1982年のショットです。もちろん今でも現役です。


そして・・・・
これは、私の大学1年生の時のライブ映像。

%C2%E7%B3%D8.JPG
1983年のショットです。もちろん今でも現役(?)

サーファーでロッカーという、非常に立ち位置が中途半端な時代。(笑)
(ウエット焼けをして、ステージに立ってます。)


と、いうことで。。。
青春を共に過したギターですから非常に思い入れがあります。
今回は、フロイドローズを付けたり、べグなどパーツを全て交換し、リニューアルして、また存分に愛してあげたいと思います(笑)

本末転倒!

2009年05月03日

突然、腰が悲鳴をあげた。

歩行が困難に。。。。。


接骨院に行くと、骨盤にズレがあり、左脚に比べると右脚が短くなっていると・・・・(ええっ???)


その他に・・・

体重の増加と、体を酷使しての疲労と緊張感とストレスが、原因と考えられるそうです。


くしゃみや咳をしても腰に響きます。(痛い〜)

こんなの初めてです。

寝返りも打てません。

当然ですが・・・

飲み会やサーフィンや野球は全てキャンセル。

1年4ヶ月以上毎日続けてきた、腕立てと腹筋とスクワットもドクターストップ。(悲)

少し、体を休めます。

カラダは、正直?


きっと、これにも意味があるはず。


それにしても、痛い〜。

テレビCM

2009年05月04日

最近、このブログに登場する。
私の親友の相田くん。

この度、テレビでCMを流しました。
しかも番組のTOPスポンサー。

すごいです。(嬉)
親友の活躍は、とても嬉しいです。


それが、この番組です。
%A5%AB%A5%B0%A5%E9%A3%B2.JPG
有名な番組です。

%A5%AB%A5%B0%A5%E9%A3%C3%A3%CD.JPG
提供は・・・・カグラ。

彼は、私の自慢の親友。
刺激も、沢山もらってます。


HPも新しくなりました。
すごく頑張っている企業であり相田社長です。
是非、見てください。
家具蔵ホームページ

リーダーの意識

2009年05月28日

私が、尊敬する研修トレーナーの大杖先生から、世の中のチームリーダー(組織の指導者・OJTトレーナー等)に向けてのメッセージです。
勇気が持てます。

是非、ご一読ください。

================================================

チームを持つということ、それは「思い通りにならない他人を通じて目標を達成する」ということです。

「何故、こんな簡単なことができない?」
「どうして、約束したことを平気で破るのか?」

そんなふうに思う瞬間がよくあるリーダーがほとんどでしょう。

それでも敢えて言います。
「伝えただけでメンバーが動くのなら、リーダーは要りません」
「褒めても、叱っても、命令しても、おだてても。
何をしても思う通りにいかないメンバーをなんとかする、それがリーダーの仕事なのです」と。

「なんとかする」ために、リーダー自ら、どんなパラダイム・シフト(意識改革)が必要でしょうか?
自分の何を、どのように変えることができるでしょうか?

第一に、プレイヤーとリーダーの違いを認識することです。

一言で言うなら、プレイヤーとは「自分で結果を出す人」であり、リーダーとは「他人を通じて結果を出す」であるということです。

プレイヤーは「自分で動いて」結果を出しますが、リーダーは「人を動かして」結果を出すのが仕事。
あくせく一人で動くことを求められてはいないのです。

では、どうすれば人が動いてくれるのか?
ほとんどのリーダーはここでつまづきます。

何故なら、次のように誤解しているリーダーがほとんどだからです。

「やるべきことを伝えればメンバーは動く」
「伝えても動かないのはメンバーの責任であり仕方ない」

この二つの考え方は明らかにうまくいきません。

「やるべきことを伝えてもメンバーが動くとは限らない」
「伝えても動かないのは普通であり、リーダーの創意工夫と情熱によって、動いてもらうように汗をかかなくてはならない」
これが現実であり、うまくいく考え方なのです。

メンバーは「やるべき/MUST」だとわかっていても動かないし動けない。
そうではなく、「やりたい/WILL」と思い、「やり方/CAN」を手にして初めて、ようやく少しずつ動き始めるのです。

そしてやっと動き始めたと思ったら、またもやすぐに止まる、後戻りする。

それほど、手のかかるメンバーをなんとかその気にさせて動かしていく。この壮大な仕事がリーダーとしての役割なのです。

まずは自分自身の意識と行動を変えていく。
そこからチームが動き始めます。

チームのリーダーが為すべき仕事は大きく二つです。

一つは短期的な成果を挙げること。
すなわち目標を達成することです。

そして二つ目は長期的な成果を挙げること。
すなわち目標を達成し続けることができるチームを創ること、つまりメンバーを育てるということなのです。

しかし多くのリーダーはここで壁にぶつかります。

何故ならメンバーに対して「教えても」「叱っても」「褒めても」メンバーが成長しないからです。

不思議で仕方ないリーダーはさらに「教え」「叱り」「褒める」でしょう。

それでも変わらない。
そしてリーダーはあきらめ、サジを投げるのです。

そんなリーダーに強く自覚して欲しい大切なこと、それは、「相手を直接変えることはできない」というシンプルで深い原則です。

「人は他者を直接変えることはできない。しかし、変わろうとする人を援助することはできる」

リーダーがすべきは、メンバーを変えようとすることではなく、メンバーが自ら変わりたいと願うような気づきを与え、環境を創ることなのです。

変わりたいと思っていないメンバーを無理やり変えることはできないし、それをすればチームの信頼関係が壊れてしまいます。

あなたは、このじれったい真実をどれだけ受け入れていますか?

そして、辛抱強くメンバーの育成に取り組み、達成し続けるチームを創るというコミットメントをどれ程持っているでしょうか?

================================================

そもそも・・・・
なぜ?あなたは、辛抱強くメンバーを育成し、達成し続けるチームを創るのですか?
意義や価値、目的は何ですか?

その答えの意識の強さが、リーダーである、あなた自身を動かします。

はじめまして・・・

2009年05月31日

20090518161836.jpg
みなさん!はじめまして。
いつもボクの主人がお世話になっています。

ボクの名前は、安達JOY(ジョイ)です。
理由(わけ)あって、こちらでお世話になることになりました。

JOYは、「喜び」という意味らしく、私もまわりも「喜び」をということで家族で考えてつけてくれました。ワン。
ある人は、「洗剤かっ!」って、ツッコミ入れてたけど、違うからね。
ボクは、わりと気に入ってるよ。ワン。

最初、主人は僕に「ポジ」って、名前をつけたかったみたいだけど、家族に猛反発されたみたいで、
ダメだったみたい。(笑)

大丈夫だよ。ボクは、元々前向きだから。


ボクは、まだ生まれて間もないから、右も左も分からないけど。。。。
主人は、研修講師って言ってたから、色々なことを教えてくれるし、なんと言っても、お母さんが作るドックフードは最高だし、それと、りおちゃんも遊んでくれるからね。

きっと、これから楽しい事がたくさん待ってると思うよ。

これから、このブログで何度か登場すると思いますが・・・
皆様、どうぞよろしくお願いします!ワン。